電話代行サービスの利用で弁護士業務をスムーズに

  • 弁護士事務所での電話代行の依頼

    • 法律事務所の弁護士というのは、なかなかに多忙なものですが、個人で立ち上げた事務所の場合には、事務職を多く雇用というのは経営上困難なこともあります。



      現在は弁護士報酬なども自由化されており、ある意味では、それぞれの法律事務所が顧客獲得に向けてしのぎを削る状況です。


      場合によっては、債務整理などの特定の分野に限って、無料での法律相談を実施しているような事務所さえあります。


      こうしたなかにあって、外出時、または来客時に、弁護士に代わって電話の応対などをしてくれるサービスがないかどうかですが、最近ではさまざまな分野で電話代行を委託するケースが増えています。
      電話代行の場合、オペレーターが必要に応じて電話を取り次いだり、内容をメモして弁護士に伝達したりといったことをしてくれますので、弁護士本人はその間は本業のほうに集中していればよく、たいへん便利であるといえます。

      価格的にも月ぎめのパッケージ料金のようになっているとこが多く、どのような内容のサービスを希望するかによって、オプションを付け加えたり、あるいは最低限のサービスだけを選択するといったことも可能であり、直接雇用よりも数段費用はかからないものです。

      法律事務所の電話代行において、特に問題になり得ることとしては、法曹用語をオペレーターが正しく理解しているかどうかという点があります。

      ミライFANの最新情報を掲載しました。

      これも法律業務専用のプランを用いることによって、法曹用語にくわしい人材に対応をしてもらうことができますので、それほど不安になることはありません。